こどもの口がこわい

目下7年代のむすめを成長している。広告はあまり手っ取り早い皆さんではあり得ませんが、でも次第に文字力量が増してきました。楽しいと共に、少々弱ったことにも直面しておるきょうこの頃だ。むすめはちょっとキーワード力量が少なく、自身を表すエースとして、「乳児」「おにいちゃん」「おねえちゃん」そうして「ばぁば」しか言えません。恐ろしいのがこういう「ばぁば」。微妙な歳の自身に力一杯言ってしまう。亭主の本物のばぁば(つまりは自分と亭主の母方両親)は90年代あたりだからすが、60年代くらいの女性は主として「ばぁば」になってしまいます…。「ばぁばと同じ老眼鏡ですねー」などと言って切り抜けていますが大丈夫なのかどうか。さらに危ういのが、私の仲間ジェネレーション(若年)を「おねえちゃん」という「ばぁば」に分類して仕舞う素行。皆様をばぁばといってくれればそれはそれで必ず笑い話にもできるのですが、7自身ある仲間の中で独りだけを「ばぁば」と言ってしまった時には一体全体ヒヤヒヤしました。しかもそのキッズは依然豎子がいないので、そちらもまたヒヤヒヤ。同じくらいの豎子がいる自身だとわかって得るんですけどね。やっとよりクチが上達になるかと考えるってやばいばかりです。カルグルトAmazonおすすめは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です